交通事故

 

交通交通事故について

~このようなお悩みをお持ちの方はご相談ください~

  • 初めて交通事故に遭ってしまい、今後の手続についてどうしていいか分からない
  • 加害者の保険会社とのやり取りが精神的に苦痛である
  • 保険会社から賠償額が提示されたが、金額が正しいのか疑問である
  • まだ治療中なのに加害者の保険会社から「症状固定」と言われ、治療を打ち切られた
  • 後遺障害の等級に納得がいかない

交通事故に遭われた方へ

初めて交通事故に遭ったとき、まず専念すべきは治療であることは言うまでもありません。

怪我や車の故障等で不安な状態にある中で、加害者の保険会社とのやり取りが始まります。

保険会社から見たこともない書類が送られてきて、「本当にこの書類を書いていいの?」と迷われる方もいらっしゃると思います。また、「過失割合」、「症状固定」など聞き慣れない言葉が出てきて、戸惑ってしまう方もいらっしゃると思います。

交通事故で不安な状態で、加害者の保険会社とやり取りをすることは大きな苦痛となります。何も考えず治療に専念したいのに、大きなストレスを覚え、治療に専念できなくなってしまいます。

また、治療が終了すると、保険会社から示談金の提示があります。保険会社が提示する金額は、弁護士が就いていない場合、最も低い水準で算定されていることが通常です。弁護士が就いている場合と就いていない場合で提示金額が異なるということは不自然ですが、現実にはこのようなことが日常的に行われています。

弁護士に依頼をすることで、上記のような精神的なストレスは大幅に軽減でき、治療に専念することが可能となります。

また、弁護士が示談交渉を行う際は、裁判所が認めた基準で金額を計算します。裁判所の基準は、保険会社の基準に比べて計算金額が大きくなることが多く、不当に低い金額で泣き寝入りする必要はなくなります。

 

フォレスト法律事務所の特徴

1 経験豊富な弁護士が事故直後からサポート

フォレスト法律事務所では、これまで多くの交通事故を取り扱ってきました。

これまでの豊富な経験をもとに、交通事故の直後からサポートします。

2 安心できる環境づくりを大事にしています

初めての交通事故では分からないことだらけです。

交通事故の問題で、不安となってしまうのは、「いつになったら解決できるのか」というスケジュール感の問題と「今、どのような状況か」という現在の状態の把握の問題と考えます。

フォレスト法律事務所では、解決までの見通しを具体的に説明することを大事にしています。もちろん相手のあることですので、見通しに変化が生じることはありますが、その都度、変更点をご説明しています。

また、現在の状態を把握するためには、難しい法律用語は徹底的に避けるべきだと考えています。

やさしい言葉で説明をすることはもちろんですが、お気軽にご質問できる雰囲気づくりも重視しています。

3 法律相談料、着手金無料

弁護士に依頼をする唯一のデメリットは「費用」です。

最初の法律相談や事件着手の金銭が発生してしまうことで、弁護士へのアクセスが遮断されることはあってはなりません。

そこで、フォレスト法律事務所では、法律相談料、着手金を無料し、弁護士報酬は示談金を受領した後にお支払いいただく報酬体系を採用しています。

※加入されている保険の弁護士費用特約をご利用の方は異なります。詳細はお問い合わせください。

 

解決事例

保険会社の提示の約3倍の金額を回収したケース

自転車で信号のない交差点を渡ろうとしたところ、横から来た自動車が衝突してきました。事故後は、ご家族が事故の対応をされていました。

後遺障害の事前認定では併合11級でしたが、保険会社から提示された示談の金額は約380万円でした。疑問に思ったご家族はフォレスト法律事務所に相談に来られました。

資料をもとに計算をしたところ、保険会社が提示した金額の3倍以上の金額が出ました。

計算結果を保険会社に提示したところ、保険会社は若干増額した金額を再度提示してきましたが、到底納得できる金額とはいえず、裁判をすることも検討しました。しかし、裁判の申立てを示唆しつつ、粘り強く交渉したところ、約1100万円の金額で示談が成立しました。

 

費用(税込)

相談料  0円
着手金  0円
成功報酬  22万円+賠償額の11%

※事案によっては、異なる報酬基準となることがあります。詳細はお問い合わせください。

 

弁護士費用特約のある方

加入されている保険に「弁護士費用特約」が付いている方は、最大300万円まで保険会社から弁護士費用が支払われます。

よって、この特約を使うことで、弁護士費用のご負担が実質0円となる可能性があります。

弁護士費用特約が使えるかどうかはご確認ください。

 

 

 

© 2021 フォレスト法律事務所