未払い 残業代 請求 解決|フォレスト法律事務所|名古屋 愛知

phonelink_ring 052-957-5355

受付時間:平日9:30~20:00

解決事例

Case study

タイムカードの一斉打刻の強制 タイムカードの記載以上に残業をしていたことが認められたケース

その他

相談内容

テレビの制作会社に勤務していた方からのご相談です。

この方は、テレビ制作会社に勤務し、毎晩終電後まで働いていました。しかし、会社は定時になるとタイムカードを打刻するよう命じていたため、
長時間労働をしていたにもかかわらず、毎月低額な残業代しか支払われていませんでした。

会社を辞めた後、支払われるべき残業代が支払われていないのではないか、と疑問に思われ、弊所にご相談に来られました。

談後

タイムカードの記載は、定時に退勤した記載となっているため、この記載が真実に反していることを、手持ち証拠から明らかにする必要がありました。

幸い、在職時につけていた日記や、家族に帰宅する連絡をしたメールが残っていたため、これらの資料を整理したところ、タイムカードの記載が明らかにおかしいことが浮かび上がってきました。

弁護士から会社に対し、これらの資料を添付し、残業代を支払うよう求めましたが、会社はタイムカードの記載が正しいとして、支払いを拒否したため、交渉で折り合いをつけることはできませんでした。

裁判、労働審判手続の長短所を打ち合わせた末、労働審判手続きを利用することとなりました。

審判手続では、在職時の業務内容を整理し、タイムカードの記載が誤りであることを訴えた結果、当方の主張が正しいことを前提に、会社が100万円以上の支払いをすることで和解が成立しました。

タイムカードは、始業・終業時刻が明確に記載される分、この記載が誤りであることを客観的に証明することは簡単ではありません。

当初、ご依頼者様はタイムカード以外の資料は証拠にならないと考えていたため、証拠は全くないと勘違いしていました。
しかし、弁護士と話をしていく中で、帰宅時間を知らせるメールや日記の存在が明らかとなり、徐々に真実を明らかにする資料が集まっていきました。

タイムカードと違い、日記やメールは端的に労働時間を示す資料ではないため、資料の確認や整理に要する労力も大きいですが、これらの資料がなければ会社の主張が全面的に認められてしまう状況であっただけに、諦めずに資料精査をした努力が報われる形となりました。

chevron_left
一覧に戻る
chevron_right

お問い合わせ

Contact

お電話からのお問い合わせ

phonelink_ring 052-957-5355

受付時間:平日9:30~20:00

Page Top