未払い 残業代 請求 解決|フォレスト法律事務所|名古屋 愛知

phonelink_ring 052-957-5355

受付時間:平日9:30~20:00

解決事例

Case study

コンビニ店長職の方が労働審判により請求元金を超える残業代を獲得したケース(回収金額約400万円)

管理職

相談内容

あるコンビニの店長職であった方からのご相談です。

コンビニの店長として業務を行っていましたが、シフトの都合上、アルバイトが入らない時間は全て店長がシフトに入らざるを得ず、1日の労働時間は極めて長時間となっておりました。

このような働き方をしていたにもかかわらず、支給される給与は基本給のみであったため、残業代を請求することを希望されました。

談後

労働時間はシフト表により管理されていたため、シフト表に従って労働時間を抽出する必要がありました。
店長の業務はシフト表に記載されたもの以外にもあったため、シフト表の記載に加え、シフト表外の業務内容、業務にかかる所要時間を抽出する作業を行いました。
上記作業を行った後、会社側に支払いを請求したところ、会社側は、店長職が「管理監督者」に該当するため、残業代を支払義務がないと主張し、さらにご依頼者様が在職中に横領を行ったとして、当方の請求を拒否しました。

そこで、労働審判を申立てることとしました。

労働審判において、会社側の主張が客観資料に反することを分かりやすく説明した結果、会社側の主張は認められず、当方が請求した元金を超える金額の支払いを命じる審判が下されました。

本件では、在職中に横領をしたという主張がされましたが、身に覚えのない不正行為を行ったという主張がなされるケースは、本件に限らず存在します。
当事者としては嫌な気持ちになることは間違いありませんが、感情的にならず、淡々と対処していくことが重要です。
本件のご依頼者様も、会社の主張が誤っている点について、冷静に整理されたことが成功につながったと思います。



また、労働時間を精査するにあたっては、客観資料に表れない事情も整理する必要があります。請求相手となる会社に在籍したことのない弁護士が事情を把握するためには、当事者の方のご説明が不可欠です。
シフト表は数百枚ありましたが、ご依頼者様と打ち合わせを重ねることにより、説得的な主張を出すことができました。



請求元金を上回る金額の支払いを獲得するという結果に終わり、ご依頼者様には大変ご満足いただけました。
在職中は大変なご苦労をされていたため、このような結果に終わり、うれしく思います。

お問い合わせ

Contact

お電話からのお問い合わせ

phonelink_ring 052-957-5355

受付時間:平日9:30~20:00

Page Top